あざの治療を行いましょう~あざの治療で自信のある自分へ~

あざの種類

あざの治療法の選び方がわからないと悩む人も少なくありません。あざは基本的に生まれつきのものが原因でなる場合が多いですが、人によって原因は異なります。大人になってあざができたという人も少なくありません。あざはその原因や症状によって呼び方がかわります。色素の沈着によってできたアザは青アザという場合が多く赤みがかかったあざは赤アザと言われます。その原因も異なってきますが、青あざは打撲などのできる青たんにも見えるため注意が必要です。また、黒アザや茶アザという種類もあり、その種類は多種多様です。青あざの場合、原因は太陽から発せられる強烈な光に含まれる紫外線です。この紫外線の量で青あざが発症する場合があります。

赤あざは基本的生まれつきの場合が多いです。青あざの治療で行うレーザー治療は基本的に、青あざの原因となる色素の沈着を防ぐため、その色素となる細胞を破壊し、減少させていきます。赤あざの治療法は、レーザー治療が行える場合はレーザー治療、それ以外は手術での治療となります。赤あざは皮膚を移植する場合もあります。ただ、レーザー治療の発達により、赤あざでもレーザー治療が行いやすくなってきています。自分のあざをよく理解することから治療につながります。自分だけで、判断せず専門医のもとあざの種類を確認しましょう。治療料金もその治療法によって変わってきます。あざの状況を確認したら治療を始めましょう。